節分

    ehou3


    1: 2018/02/04(日) 04:27:55.04 ID:CAP_USER9.net
     福を呼ぶとされる、節分の恵方巻き。火付け役となったコンビニエンスストアだけでなく、スーパーや百貨店にも並ぶなど、季節商品として定着している。だが、その陰では売れ残った商品の大量廃棄や、販売の「ノルマ」などの問題が起きている。

     500リットル入りの容器には恵方巻きやご飯、キュウリなどがギッシリ。破砕機に流れ落ち、のみ込まれる。

    AS20180203002331_comm

    AS20180203002328_comm

     3日午後、神奈川県相模原市の「日本フードエコロジーセンター」には恵方巻きや、そのためとみられる具材が大量に運び込まれていた。普段のご飯ものと比べて2倍ほどの量。例年、節分の頃には恵方巻き関連の食材が増えるという。ここで処理され、豚の飼料となる。


    詳しくは
    http://www.asahi.com/articles/ASL214VDCL21UTIL01L.html 

    【お前らこれをよく見ろ!!!これが「恵方巻」の現状だぞ?これでも食べたいか?】の続きを読む

    このページのトップヘ