6102_1

1: 2018/01/29(月) 16:30:09.09 ID:ICb1gkcB0.net ?PLT(16930)
「先にサラダを食べる」健康法を始めた。最初に野菜を食べることで食物繊維が糖や油の吸収を抑え、血糖値の急上昇を防ぐ。

野菜をよく噛むことで満腹感が生じ、食べる量も自然と減っていくという手軽なダイエット法だが、「賢い食べ方とはいえません」と
指摘するのは『体を悪くする やってはいけない食べ方』の著書がある管理栄養士の望月理恵子氏だ。

「ダイエットという面では的外れではありません。しかし、栄養摂取の観点からすると疑問です。空腹時に野菜を摂っても、
水溶性のビタミンCやB群がすぐ体外に排出されてしまい、ビタミン不足に陥るリスクがある。野菜の栄養素を取り込むには、
胃に食べ物が入っているほうが効率がいい」

健康になるはずの“食べ方”が、逆効果だったというケースは意外に多いのだ。


詳しくは

【ベジファースト「サラダ・野菜から食べましょう」の教えは間違っていたwww】の続きを読む